ローストについて

焙煎の種類

焙煎の度合いは、全部で8段階に分かれています。 一般的には、浅く炒ったのものほど「酸味」が強く、深く炒るほど「苦み」が強く感じられるようになります。
ホサキン工房では、フレンチロースト・シティーロースト・ハイローストの3種類の焙煎方法になっております。

フレンチロースト

loast001苦味・コク・甘みが特徴で、長い時間を掛けてじっくり焙煎しています。ストレートで飲んでいただくと、最もコーヒーの味を楽しんでいただけます。また、ミルクとの相性もバツグンで当店の看板商品です。

シティロースト

loast002苦味と酸味のバランスがよく、飲みやすいコーヒーです。苦みと酸味の中間焙煎になり、どのローストにするか悩まれている方や、ギフトにオススメです。

ハイロースト

loast003香りと酸味が特徴で最も浅く焙煎しています。コーヒーの香りや豆本来の味を楽しみたい方、1日にたくさん飲まれる方にお好きな方にオススメです。

比較表

種類 フレンチロースト シティロースト ハイロースト
濃さ
苦味
コク
甘味
香り
酸味