【9月限定】マラウイミスクチノンゴ

限定販売のご案内です。

2年ほど前に一度販売をさせていただき、
好評をいただいたマラウイ共和国の豆を仕入れしました。
アフリカの小さな国で作られるコーヒーは、
マラウイの人々と同様とてもやさしい味わいです。
暑さが和らいでくるこれからの季節におススメです。

【マラウイ共和国】
マラウイは、アフリカのザンビア、タンザニア、モザンビークに挟まれた内陸国です。
面積は北海道と九州を合わせた程度の大きさです。
国土の20%が、アフリカで3番目に大きい湖「マラウイ湖」(Lake Malawi)で占めています。

【ミスク地区チノンゴ村】
ミスクチノンゴが作られているのは、マラウイ北部州ミスク地区のチノンゴ村です。
マラウイは国内全土にわたってコーヒー栽培を行っているので、組合員を擁するムズズコーヒープランターズ協同組合が、6つの地域組合を構成し、その1つがミスクチノンゴを生産しているミスク農協です。ムズズコーヒー組合お50%強の生産量を誇り、2009年にフェアトレード認証、2011年に4C認証、そして現在オーガニック認証取得を目指しています。

【生産地域】マラウイ 北部州ミスク地区 チノンゴ村
【生産者】ミスク農協
【スクリーン】18アップ
【品種】ゲイシャ、Sアガロ、ニカ(カチモール)、ムンドノーボ
【標高】1700~2000m
【精製方法】フルウォッシュト

9月1日(土)~
ハイロースト 200g ¥1,393(税込)
※秋の訪れに合わせて・・
9月中旬頃~シティでの焙煎予定です。

※当日売り切れはご了承くださいませ。
またなくなり次第完売とさせていただきます。